車査定 資格

車査定士の資格とは

日本全国にある中古車買取業者。あなたの愛車の買い取り価格を査定する車査定士ですが、このお仕事をするには資格が必要です。その名は中古車査定士技能検定と言い、一般財団法人日本車査定協会がこの試験を実施しています。車査定士には大きく分けて2種類あり、一つは小型車査定士。もう1つは大型車査定士で、それぞれ技能検定試験が存在しています。受験するには幾つかの条件があり、小型車査定士は普通運転免許、大型車査定士は大型第一種免許以上が必要です。

 

車査定士の資格とは

また、自動車の販売や整備の経験が半年以上必要で、協会所定の研修も終了しなくてはなりません。検定試験の内容は、学科試験と実技試験があります。学科では、中古自動車の査定制度と査定基準。自動車の構造や機能、取扱や保安基準などが出題対象です。もう1つは実技試験で、これは実際に車を査定する実技を行うこととなります。買い取り業者にいる査定士はこれらの試験をクリアしているのです。

 

そしてこの車査定士の資格ですが、年に一度各都道府県にある協会支所ごとに技能検定試験が行われております。最後に受験費用ですが、小型査定士が16,800円前後で、大型査定士の場合も同様、16,800円前後が基本です。整備士の資格を既に持っているか等で若干の価格の差が生じます。なお、この検定の合格率は約85%程度と言われており、資格検定の中では比較的易しいと言えるでしょう。もし車関連のお仕事に興味があるという方は持っておくと重宝しそうです。