お気に入りの車

お気に入りの車たちを紹介!記事一覧

クラシック・ライトウエイトスポーツカー入門車〜MGミジェット

かつて、ライトウエイトスポーツカーの代名詞的存在だったMGミジェット/オースチン・ヒーリー・スプライトMk-Uは、2車種まとめて「スプリジェット」の愛称で親しまれました。その外観は、ヒーリー・スプライトMk-Tのような有機的なイメージの愛嬌のあるものから、コンサバなイメージへと変貌を遂げています。フ...

≫続きを読む

 

サーキットの狼でブレイク〜ロータス・ヨーロッパ・スペシャル

現在、ロータスの車種でまず連想するモデルと言えば、エリーゼの名を挙げる人が多いのではないかと思います。しかし、かつてはロータスで最も知名度の高い車種と言えば、ヨーロッパでした。その低い個性的なシルエットと共に、人気連載コミック「サーキットの狼」の主人公が愛用する車として、一般的に広く知られた存在でし...

≫続きを読む

 

サソリを語る3輪スポーツカー〜グリナール・スコーピオン

スリーホイーラーのみを製造する英国の小メーカー、グリナール社を代表するモデル「スコーピオン」は、非常にユニークな成り立ちを持つスポーツカーです。グリナール社のスリーホイーラーには、バイクをベースにした前1輪、後2輪のトライクもありますが、このスコーピオンは前2輪、後ろ1輪の、自動車らしい(一応)デザ...

≫続きを読む

 

ジャガーを、そして英国を代表する名車〜ジャガーEタイプ

数あるジャガーの歴代車種の中でも、最も高名な車種がEタイプである事は間違いないでしょう。超ロングノーズ、ショートデッキの古典的な(当時としては最先端の)プロポーションを持つ、美しいボディラインは、今日見ても古さを感じさせない見事なものです。そして、長いボンネットには、初期のモデルにおいても直列6気筒...

≫続きを読む

 

セレブ御用達GTカー〜ジャガーXJS

1975年、既に旧態化が否めなかったEタイプの後を継ぐ車種として、XJSは華々しいデビューを飾りました。後継モデルとは言え、そのキャラクターは純スポーツカーだったEタイプとは異なり、ラクシュアリーな傾向を強めたものでした。当初はクーペのみの発売だった事も手伝い、GTカーとしての性格を強く印象付けられ...

≫続きを読む

 

ターボとエアロで武装したキッチュなミニ〜ERAミニ・ターボ

かつて、ローバー・ミニ(オールド・ミニ)が日本で大流行し、へたな国産車以上に街中に溢れていた時期がありました。見掛けるグレードは、ベースモデルのメイフェアや、メーカー公式のホットモデルであるクーパーが殆どでした。しかし、見掛ける機会は殆どなかったものの、エンスージャスト御用達のバリエーションも存在し...

≫続きを読む

 

ボンドカーの活躍が印象的〜ロータス・エスプリ

1976年に登場したエスプリは、それまでのライトウエイト・スポーツ路線から脱却した点や、近未来的なエクステリア・デザインを備えていた点において、ロータスのひとつの転換点と言える重要な車種でした。ボディ・サイズは、全高を除きそれまでのエランやヨーロッパよりも拡大され、特に全幅は当時のスーパーカー並みの...

≫続きを読む

 

マツダ・ロードスターの偉大なる始祖〜ロータス・エラン(初代)

マツダが安価で軽量な2シーター・オープンスポーツカーの生産を計画するにあたり、存在を大いに意識した車種が、初代ロータス・エランでした。エランは、1960年代から70年代半ばに掛けロータスの屋台骨を支えた主力車種で、ライトウエイト・スポーツカーの規範とも言える存在でした。エランのボディ・サイズは、後に...

≫続きを読む

 

ミニ・ベースの不器量なクーペ〜ミニ・マーコス

かつてのミニ(BLMC〜BL〜ローバー)には、内外から様々な派生車種が登場しました。キットカーとして販売されていたミニ・マーコスは、その中でも有名な1台です。ミニ・マーコスは、ミニの下回りやエンジンをそのまま流用し、FRP製のクーペボディを架装した改造車でした。ボディはドンガラで、全長3.5m、全幅...

≫続きを読む

 

英国製スポーツカーの代名詞〜MGB

英国の自動車産業華やかなりし頃、MG社で生産されていたMGBは、英国製スポーツカーの代名詞とも言える存在でした。大きからず小さからずの適度なボディ・サイズ、凝ったメカニズムを持たない故のメンテナンスの容易さや価格の安さにより、かなりの人気を博しました。ボディ・サイズは、今日のマツダ・ロードスターを一...

≫続きを読む

 

可愛くなくなったヴィータのホットハッチ〜オペル・ヴィータGSi

かつて、2代目オペル・ヴィータが、「可愛いヴィータ」のキャッチフレーズと共に大ヒットした事を記憶している方も多いと思います。これは、キャッチコピーの巧みさと同時に、丸みを帯びた親しみ易いデザインや、輸入車としては安価な価格設定が受けた為の現象でした。しかし、その後3代目にモデルチェンジし、デザインが...

≫続きを読む

 

公道を走行出来る葉巻型F1マシン〜ライトカーカンパニー・ロケット

天才エンジニア、ゴードン・マーレーの設計による超ライトウエイトスポーツカー、「ロケット」の存在は、同じカテゴリーに属するスーパーセブンなどと比べ、遥かに知名度が低いものと思われます。様々なレプリカが存在し、新車でも中古車でもいつでも手に入るセブンと比べ、短い期間にごく少量が生産されたに過ぎないロケッ...

≫続きを読む

 

史上最も愛嬌のあるスポーツカー〜オースチン・ヒーリー・スプライトMk-1

古今のスポーツカーの中で、最も愛嬌のある外観を持つ車と言えば、初代オースチン・ヒーリー・スプライトを思い浮かべる方も多い事と思います。フェンダーから飛び出た丸目2灯のヘッドライトや、笑っているかのような表情を持つフロントグリルは、見る者の顔を思わず綻ばせてしまう魅力を持っています。本国では「フロッグ...

≫続きを読む

 

乗ってみたい英国版オート3輪〜リライアント・ロビン

ライトウエイト・スポーツカーが途絶えていた1980年代、まだユーノス・ロードスターが誕生する前に、エンスージャストの間で珍重された車がありました。それが、英国リライアント社の2シーターオープンスポーツカー、シミターでした。日本の車好きには、主にこのシミターで知られたリライアント社ですが、古くから英国...

≫続きを読む

 

地上を走る癇癪持ち〜トライアンフ・スピットファイア

1962年に、英国トライアンフ社からスプリジェットのライバルとなるライトウエイトスポーツカーが発売されました。その名も、スピットファイア(癇癪持ち)でした。バトル・オブ・ブリテンで活躍した英国の傑作レシプロ戦闘機の名をそのまま頂戴してしまったのは、何とも大胆でした。このスピットファイアは、エクステリ...

≫続きを読む

 

超マイナーなアバルトモデル〜チンクエチェント・アバルト・トロフェオ

「フィアット500」という車名を聞いて、現行モデルか、若しくはルパン三世の愛車として知られる往年の空冷エンジン搭載モデルの姿を想像する輸入車ファンも、多い事と思います。そして、この車種のコアなファンならば、「ゴヒャク」と発音せず、500のイタリア語読みである「チンクエチェント」と発音するのが習わしと...

≫続きを読む

 

超レアなドイツ製ヌオーヴァ・チンクエチェント〜ドナーゲ・ポップ

現在好評を博し、街中でもしばしば見掛ける現行型フィアット500(チンクエチェント)は、かつて「ヌオーヴァ・チンクエチェント」と呼ばれた空冷RR方式の500にオマージュを捧げたモデルである事は、多くの輸入車ファンの知るところです。生産完了から30数年経過しているヌオーヴァ・チンクエチェントは、さすがに...

≫続きを読む