車査定 持込み

車査定は車を持ち込んだ方が良い?

車査定をする際、必ずあなたの愛車を査定士が見て判断する実車査定があります。その際に、査定士にわざわざ来てもらうよりも自分で業者へ車を持っていけばオトクになるような気がしますよね?査定士の出張費用分買取額が上乗せになるような気も?しかしそれは間違いです。実車査定は査定士にあなたの自宅や車が置いてある場所へ来てもらうのが良いでしょう。それはなぜなのでしょうか?

 

車査定は車を持ち込んだ方が良い?

まず、車査定の基本である複数業者への見積りが必要だからです。わざわざ高いガソリン代金を費やして、複数の業者をハシゴする時間と移動費を考えると、査定士に来てもらうほうが良いと言えます。次に純正パーツやタイヤなどが必要になるからです。あなたの愛車の純正パーツを取り外しているということはありませんか?タイヤも含めて査定対象となり、純正オーディオなどは説明書を含めて用意することで査定のアップが期待できます。これらを全て業者へ持ち込むのは大変な作業です。

 

最後は査定士の人数です。買取業者へ持ち込んだ場合、最悪ですと複数の査定士によって査定額が出されるケースがあります。このような場合厳しい細かなチェックが入るため、悪い査定になりがちです。また、交渉力によって強引に契約させられてしまうケースがありますので、業者へ持ち込むこと自体があなたにとって不利になるということがわかるでしょう。このように、車査定を行う際は持ち込むのではなく査定士に出張してもらう方が、あなたにとって有利な結果になりやすいのです。